はじめに

弊社でこのシートを開発したきっかけ、それは2000年頃までさかのぼります。

もともとはきれい好きが高じてこういった商品があればいいのにとの思いから、サーフボードのデザインを損ねず、ワックスによるショーツ、ウエット、ボードケース、果ては車や住居に至るまで、汚れないでサーフィンはできないものかと模索したのがきっかけでした。

はじめはホームセンターなどにある規制の素材、アクリル板やウレタンゴム、液体樹脂といった誰でも簡単に入手できる身近なもを加工し、それをサーフボードに貼り付けてみては、グリップするだろうか、使えるんだろうかといったテストを繰り返し行ってみましたが、どれもだめでした!

この頃は企業コンサルティングといった全くの別業種をしながら、この製品の開発とまではいかない程度の入れ込みようでしたから、1つの試作がだめとなったらその次までは時間がかかり、背景に生活の安定なども理由にありなかなか前に進まないまま月日が流れました。

それから5年ほどが経過し、結婚、子供を授かり、この頃から環境問題に強く関心を抱くようになりました。自分の子供が結婚をし、子供を出産する頃まともに魚が食べられないかもしれない。温暖化といった深刻なダメージが地球を襲っていると実感して分かるのは、きっとその頃ではないかと。科学者などよほど一部の人達でない限り、このシグナルを敏感にキャッチできないまま、時は過ぎて行ってしまうのではと。そう、私が開発スピードを鈍化していた頃のように。もしこのまま放置すれば、向こう10年はこういった商品は世に出てこないと思ってました。実際に購入いただきましたご意見などから、「実は私もこの手の商品があればいいなと考えました」を頂戴したことがあります。でも実現に向けてアクションを起こすことってそう容易いことではないんです。実現化に向けて取り組まなくてはとの思いから、まず何をするべきかを考えました。


実現化それは

仕事を辞める。温い環境を変えて開発に打ち込む。これでも完成しなかったら、それはそん時と。当然家族の反対などがありました。妻などはマリンスポーツすら知らない、そこで完成など保証も何もない物作りを財産など投資してやるわけですから。使命感などといった大それたものではありませんでしたが、無くてはならない物になる。そういう存在に作り上げたいとの思いから後ろを見ずに突き進みました。


そして完成!

自分を信じて良かったと思うそんな時が来ました。6年以上の試行錯誤の末、やっと満足のいく物が完成しました。この頃周囲からは「こういったものは特許などを取得し、守ったほうがいいのでは?」保守的になることも1度は考えました・・・。でもそれは違うということも直ぐに分かりました。



営業時間:9:00~17:00 定休日:土日祝